太陽光事業でサブスクリプションをするための考察

太陽光事業

時代はサブスクの時代!ワンショットビジネスの時代は終わった!(◎_◎;)



はじめに

今日は太陽光事業について。副業をしていく上で、副業だけど本業以上に仕事へ考え方を変えていかなければ顧客はついてこない。お金をもらって働くのではなく、働いてお金を貰う考え方。クライアントが思う不・非はなんなのかを絞っていきたいとおもいます。

太陽光事業者の求めるものとは

①太陽光全般的に知識が豊富な人材

②太陽光関連の資格保有者

③太陽光保守をワンストップでおこなえる事業になるために



①知識が豊富な人材

保守していく上で、知識が豊富な人材は、事業を運営していく上で発電効率の考え方、保守のしやすい環境づくりを提案できるので、なくてはならない存在。

②太陽光事業でいる資格

第三種電気主任技術者

第一種電気工事士

高所作業車「場所による」

小型クレーン

玉掛け

パネルや廃棄物の運搬「中型及び大型トラック」

③太陽光事業をワンストップでおこなうためには

保守、定期点検

故障対応

草刈り、除草剤、防草シート

パネル洗浄

上記の作業を内容をみると、、、

電気作業員、パネル運搬、産廃、草刈り、除草、防草シート取付、パネル洗浄などの業種ができるようになると、ワンストップでおこなえるようになるのかな。



まとめ

太陽光事業のクライアントにとっての課題は不自由や不利益だと思う。

たくさんの作業カテゴリがあるのでワンストップができることにより、迅速な対応ができ発電損失をおさえれる。事務処理もワンストップだとスムーズにいきクライアントの自由な時間ができる。

全部の作業を自分たちでするのではなく、知り合いなどを通して全部の作業をできるようにすれば結果としてワンストップなのかなって思うので、今後の動きとして人材集めが必要だなー。結局人との繋がりは一番大事。仕事の大先輩見習って人脈を広くするために、「いつも笑顔」でいます。笑

次項は、それぞれの作業金額、定期点検に必要な項目をまとめていきたいです!

本日も閲覧ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました